これからの在り方

美容皮膚科は、日本ではまだそこまで広く浸透していません。しかし、実は活動自体は1987年よりスタートしていました。その後1994年に学会として樹立し、現在においては200名に近い正会員を迎えています。この学会ではレーザー指導専門医などの認定医制度を導入するなど、日本における美容皮膚科の発展に大きく貢献しています。研究会の時代を含めるとおおよそ30年近い歴史があります。

美容皮膚科学は一般的に皮膚科学を基盤としていますが、ヒアルロン酸注入治療などの導入により、皮膚表面から真皮までの知識での対応だけでは済まされないものとなっています。レーザー治療にしてもよりレベルの高い技術が必須となっており、美容外科との境界が曖昧なものとなってきました。美容皮膚科医も美容外科と同等のスキルを身に付けることが必要な時代になりました。さらに、化粧品なども従来の皮膚表面を正常に保つだけでなく、シミやしわを改善する機能性化粧品が増えたことで、美容皮膚科医は最新の化粧品事情に関しても、知識を有する必要が出てきました。

このような時代背景を踏まえながら、この学会では、美容外科医と反目し合うのではなく、お互いの知識や技術を交換し、真の美肌に向けてスキルアップに努めることが何より必要としています。

カテゴリー: 未分類 | これからの在り方 はコメントを受け付けていません。

施術内容は

次に美容皮膚科で広く一般的に行われている施術についてみていきましょう。基本的にお肌を綺麗にすることを前提とした医療行為になりますので、通常の皮膚科における病気や疾患を治すこととは異なる施術内容となっています。ボトックスやヒアルロン、プラセンタなどを注入したり、ピーリングやレーザー、イオンを導入してのニキビ治療やスキンケアなどを行っています。また、出力の高いレーザー脱毛も医療機関ならではといえます。このレーザー脱毛はエステや脱毛サロンでは出力の低いものしか使用できず、毛細胞を破壊するほどの高出力を出せるのは医師のみとなっています。さらに疲労回復やダイエットを目的とした点滴注入なども行なわれています。

これらの施術を受けることで、シミやしわ、たるみなどを改善することが可能となります。これだけではなく、男性に多い薄毛や抜け毛の悩みを持つ女性にも、その治療を行う美容皮膚科があります。 肌をきれいにすることを第一の目的としていますので、美肌を目指したいと考えている人に対して医療に基づいたアドバイスを行っています。

テレビCMでも流れているように、スキンケアや化粧品でもシミやしわをごまかすことはある程度できますが、美容皮膚科では医療レベルでの治療を行っている確かなものです。

カテゴリー: 未分類 | 施術内容は はコメントを受け付けていません。

美容皮膚科の役割

では、美容皮膚科はどういうものなのでしょうか。簡単に言えば「皮膚に特化した美容医療を施す」ということに尽きます。これは皮膚組織レベルでの医療の知識上にある美容医療ですので、単純にシミやしわを取るだけではありません。もしも「シミ」が出来てきたと思うと、なぜシミが出来たのかを考えてしまいます。「出来た原因はなにか」「どんなタイプのシミか」「どういう治療が適しているか」「シミを出来にくくするにはどうしたらいいか」ということを考えながらお肌の改善を行っています。要するに、皮膚に関する深い知識がないと難しい分野といえます。

人間は早いと20代前半から、皮膚組織にある細胞レベルでの劣化が始まります。30代以降にはシミやしわなどが目に見えてきます。それらの症状が老けたと感じるサインとなります。女性なら当然悩みが尽きません。それを解消し、同じ悩みで困らないようするのが美容医療で、それを医療的に実践するのが美容皮膚科です。単にシミやしわを取るようなことは終わり、アフターケアにも力を入れることで本当の美肌が実感できます。

最近では美容皮膚科もネットで検索しやすくなっています。一日でも早くケアを始めることが大切です。医師の診断のもと、5年後や10年後にもお肌の状態が綺麗に保てるようにするには。やはり専門医の指導が必要になることでしょう。

PICK UP : 美容皮膚科シロノクリニック|レーザー治療・エイジングケア専門

カテゴリー: 未分類 | 美容皮膚科の役割 はコメントを受け付けていません。

歴史が浅い美容皮膚科

世の中の女性の多くが抱いている美への追及。これは飽くことなき挑戦であり、これまでの歴史を振り返っても至極当然といえます。近年はインターネットが一般家庭に定着し、スマホやSNSなどが爆発的に普及したことで、さまざまな美しさにまつわる情報が多く見受けられるようになりました。それまではテレビ番組や雑誌の広告などでしか見られませんでしたが、ここ数年で一気に激変しました。

さて、美容に関することといえば、近年よくメディアに紹介されている、「美容皮膚科」をイメージする方も少なくありません。確かに以前よりは知られるようになりましたが、それでも美容皮膚科の本来の目的や存在意義が細かく伝わりきってないという現状があります。美容皮膚科で行える美容のメリットとは何か、どう利用すれば肌が綺麗になって、維持することができるのかということを分かっているのが、美容皮膚科となります。

日本での美容皮膚科の歴史はまだ浅く、これからの発展が予想される分野の一つで急速な成長をみせています。情報が身近になり、日本人女性の「美肌意識」が高くなってきたことが要因としてあります。美容皮膚科はエステサロンとは違い、医療を介した美容という存在でもあります。もちろん、エステサロンでもしっかりと勉強して資格(国家資格ではない)を取り、施術を行うエステティシャンはいます。それでも、お肌というのは基本的には皮膚のことですから、やはり医療の知識を有する医師の存在は安心感という意味でも大きいものです。

カテゴリー: 未分類 | 歴史が浅い美容皮膚科 はコメントを受け付けていません。