これからの在り方

美容皮膚科は、日本ではまだそこまで広く浸透していません。しかし、実は活動自体は1987年よりスタートしていました。その後1994年に学会として樹立し、現在においては200名に近い正会員を迎えています。この学会ではレーザー指導専門医などの認定医制度を導入するなど、日本における美容皮膚科の発展に大きく貢献しています。研究会の時代を含めるとおおよそ30年近い歴史があります。

美容皮膚科学は一般的に皮膚科学を基盤としていますが、ヒアルロン酸注入治療などの導入により、皮膚表面から真皮までの知識での対応だけでは済まされないものとなっています。レーザー治療にしてもよりレベルの高い技術が必須となっており、美容外科との境界が曖昧なものとなってきました。美容皮膚科医も美容外科と同等のスキルを身に付けることが必要な時代になりました。さらに、化粧品なども従来の皮膚表面を正常に保つだけでなく、シミやしわを改善する機能性化粧品が増えたことで、美容皮膚科医は最新の化粧品事情に関しても、知識を有する必要が出てきました。

このような時代背景を踏まえながら、この学会では、美容外科医と反目し合うのではなく、お互いの知識や技術を交換し、真の美肌に向けてスキルアップに努めることが何より必要としています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク